断食をやってはいけない人って、どんな人?

断食は誰でもやって良いものではありません。ダイエットや健康に役立ちますが、人によっては適さない場合があるため注意が必要です。以下の条件に該当する方は断食を控えるようにして下さい。

妊娠中・授乳中の女性

妊婦妊娠しているまたは赤ちゃんに授乳をしている女性は断食は控えて下さい。この時期は体重増加が気になるためすぐにでもダイエットを実践したいと考える方も多いですが、ママ自身よりも赤ちゃんが健やかに育つことを第一に考えて下さい。断食の影響で赤ちゃんの成長が阻害される可能性もあり、ママの体力も持たなくなってしまいます。

出産後に体調が戻り、赤ちゃんの卒乳・断乳を無事に迎えた時に断食をご検討下さい。

10代の子供

子供お子さんでも体重が気になってダイエットに取り組みたいと考える方も多いですが、10代の頃はまだ成長期の段階にあるため断食をすると栄養不足になって成長がストップする可能性が高くなります。

子供の場合は食生活の栄養バランスを考えながらしっかり食べるように心がけて間食を控え、過食気味にならないように注意した方が安心です。無理な断食は実践しない方が良いです。

病気を抱えている方

病気断食を実践すると内臓が休まり、免疫力がアップする効果が期待できます。既に何らかの病気になっている方も改善させるために断食に取り組もうとするケースがありますが、絶対に自己判断で実践しないで下さい。

更に体調が悪化するリスクが高いため、必ずかかりつけの医師か断食の専門家に相談してから実践をご検討下さい。