断食で脳を活性化

脳の活性化断食に挑戦した方の中にはダイエット効果以外にも頭がスッキリしてきた、勉強が捗るようになった等の効果を実感する方も多いです。

断食は脳の活性化にも役立つとして有名で、昔から学者やスポーツマンなど幅広いジャンルで活用されています。

脳を活性化する理由

断食をすると体を動かすために必要なエネルギー源になる糖分が不足しがちになるため、むしろ脳の働きが鈍るのではないかと考える方も多いです。実際には糖分の代わりとして体内に存在している脂肪酸が肝臓でケトン体になり、脳を活性化させるα波が発生します。

ケトン体の生成量が増え始めるまでには約5~7日程度は必要になります。

プチ断食でも効果あり?

本格的に脳の活性化を目指すには大体1週間位の断食が必要になりますが、初めて挑戦する方が1週間も食事を我慢しなければならないと思うと途中で挫折しそうになるものです。最初は無理をしないで週末だけのプチ断食を実施してみましょう。

プチ断食でどの程度脳の活性化を実感できるかは個人差がありますが、週明けに仕事や学校に行くと頭が冱えて集中できたと感じられる方が多いです。

脳の働きを改善

脳スッキリ過剰なストレスを溜め込みがちな現代人は脳の疲れからうつ病などの疾患を発症する方が増えています。断食を実践すると脳を休ませる効果があるため、脳の疲労回復に役立つと考えられます。

他にも脳を発達させる、知能を回復させるなどの嬉しい効果も期待できるため、いつまでもスッキリした頭で毎日を過ごしたい方は積極的に実践しています。