断食で血液をサラサラ

血液サラサラ血液がドロドロの状態では代謝機能が衰えているため太りやすいものです。断食を行うと血液がサラサラになり余分な老廃物を蓄積しにくくなるためダイエット効果を発揮しやすくなります。

なぜ断食で血液がサラサラになるのか確認しておきましょう。

食生活の意識が変わる

断食を実践すると体内に残っている余分な老廃物を排出しやすい状態になります。老廃物を速やかに排出できると体調が良くなり、ダイエット効果も期待できます。

更に毎日の食生活で栄養バランスを意識できるようになります。脂っこいものや甘いものばかり食べ過ぎていた方は今までの食生活があまりにも好き放題だったことに気が付くはずです。

血糖値が下がる

普段から過食気味だった方は血糖値が高めになっています。特に甘いものやお米やパン等の炭水化物が大好きな方は血糖値が高くて血液もかなりドロドロの状態になっているはずです。

血糖値を手っ取り早く下げるのに効果的なのは断食で、糖尿病に対しても有効性が高いと期待できます。血糖値が下がると血液に存在している白血球の一種である好中球が活性化し、余分な老廃物を体外に排出しやすい状態になります。

結果的に血液がサラサラになってダイエット効果や健康維持効果が期待できます。

水分摂取量が増える

水分補給断食中はしっかりと水分補給をしなければいけないことや空腹感を紛らわせるためにしっかりと水分を摂ります。

きちんと水分補給がされていると代謝機能が活発になるため血流も良くなると考えられます。

水分を摂取する場合はできればミネラルウォーターが望ましいですが、野菜ジュースや果物ジュースでも良いです。