断食で病気を予防

病気予防毎日の食生活を見直して断食をすると病気の予防に繋がります。健康状態を保ちながら効率良くダイエットを成功させたい方に最も効果的な方法になります。

なぜ断食が病気の予防になるのか考えてみましょう。

現代人は食べ過ぎ

食べ過ぎの女性かつての日本人は粗食が一般的でしたが、現在はあらゆる食料がいつでも手に入るため過食傾向があります。昔よりも栄養価の高い食品が増え、摂取カロリーが大幅にオーバーするため肥満体型になりやすいと考えられます。

毎日の食生活が肥満を招き、病気の発症に繋がっています。典型的な例が生活習慣病で、明らかに食べ過ぎが原因でじわじわと健康を蝕んでいきます。

内臓にも休息が必要

毎日食事をする度に内臓の働きで消化されますが、消化しにくいメニューが続くほど大きな負担がかかります。内臓の疲れがピークに達すると病気という形で現れます。

生きるためには食べる行為を止められませんが、定期的に内臓を休めてあげると本来の機能を維持できます。

健康維持は内臓から

内臓の働きが衰えると病気のリスクがかなり増えるため、本来の機能を低下させない努力が必要です。断食は効果的に内臓を休められるため、どなたでも気軽に実践できる健康法と言えます。

1週間以上の長期間に渡る断食については専門家の指導が必要ですが、週末断食など1~3日程度の短期間ならどなたでも気軽に実践できます。仕事がオフになる日に合わせて断食をするだけでも内臓の働きが回復し、健康的に過ごせます。