断食とは

断食とは言葉の通り自らの医師で食事という行為を断つことです。昔から宗教的な行いの一貫として断食が行われていましたが、現在では健康維持やダイエット目的で実践する方が増えています。

食欲を我慢するとかなり辛い思いをするのではないかと感じている方が多いですが、様々なメリットがあります。

健康に良い

健康女性毎日3回食事を摂り、食事の合間にも間食を摂っていると内臓が一日中フル稼働している状態です。消化にあまり良くない食事が続くほど内臓に大きな負担がかかっています。毎日休まずに仕事をし続けるといつか悲鳴を上げる日が来るでしょう。

断食を行うと内臓の働きをゆっくりと休めることができます。休息を取り本来の機能が回復すると健康に過ごせるようになります。

外から侵入するウィルスにも負けない免疫力がアップするため、風邪にかかりにくくなり病気知らずの健康体を目指せます。

効率良くダイエットができる

ダイエット女性日本人の食生活は一日3食を基本にしている方がとても多いですが、食糧が豊富にある現在の日本人には3食も必要ないとの説もあります。

食事の度にお腹いっぱいになるほど摂取するとカロリーオーバーになり代謝機能が衰えて太りやすくなるのもある意味当然かもしれません。

断食を行い摂取カロリーを控えると代謝機能が回復して余分な脂肪を燃焼しやすい状態になります。目標としている体重や体型を目指して断食ダイエットに取り組むと成功しやすいです。

正しい断食で、効果を実感

断食の効果を最大限に体感するためには、効果や、方法をしっかりと理解することが大切。さらに、間違ったやり方をしないためにも、断食をするときの注意点や、断食をやってはいけない人はどんな人かなどの「断食の正しい知識」を身につけることも重要です。